琉球古武道について

平信賢(1897~1970)は1922年に上京、船越(富名腰)儀珍(1866~1958)に空手を、1929年には屋比久孟傳(1878~1941)や魔文仁賢和(1889~1952)に古武術を師事し、1933年、群馬県伊香保に船越義珍の松濤館支部道場を開設、空手と古武術を教え始めた。

1942年、平は沖縄へ戻り、太平洋戦争終結まで過ごす。戦後、平は古武術の保存と新興を目的に、師、屋比久孟傅が創設した琉球古武術研究会を母体とし、琉球古武道保存振興会を1955年(昭和30年)に設立。平は初代の会長となり、団体の発展のために力を尽くした。

1970年、平信賢亡き後を継いで、高弟の赤嶺栄亮が二代目会長に就任した。赤嶺栄亮は平信賢に師事する以前に、知念三良(ヤマンニーヌウスメー)(1840-1922)の直弟子である比嘉成一郎・比嘉来助・赤嶺要平・比嘉仁三郎に師事し、それぞれ佐久川の棍・周氏の棍・米川の棍・白樽の棍などの型を習得した。赤嶺栄亮は琉球古武道の保存継承に力を注ぐと共に、その発展にも努め県内外13の支部道場を開設しその普及に努めた。


琉球古武道賢亮流会について

沖縄に数ある他組織の古武道と区別する為、琉球古武道保存振興会佐敷支部道場の与那嶺幸助は 2000年1月1日 千年紀を記念し支部道場の琉球古武道に流派名を【賢亮流】と命名した。

流派名【賢亮流】の解説

  1. 琉球古武道保存振興会設立(1955年)初代会長 平信賢(1897~1970)の『賢』と二代目会長 赤嶺栄亮(1970~1999.1)の『亮』の名前の頭文字をとり、両先生の名声を後世に末永く残す意味を以って【賢亮流】とする
  2. 字義的には『賢』は得業才能が優れた人、『亮』は物事に明るい、心が明るい

【賢亮】といえば武術に優れ、心明るく。琉球古武道を通して世界が平和で人々が公平で健康、健全な精神の育成を標榜する意味を以って【賢亮流】とした。

» 古武道で扱う武器について