琉球古武道について

平信賢(1897~1970)は1922年に上京、船越(富名腰)儀珍(1866~1958)に空手を、1929年には屋比久孟傳(1878~1941)や魔文仁賢和(1889~1952)に古武術を師事し、1933年、群馬県伊香保に船越義珍の松濤館支部道場を開設、空手と古武術を教え始めた。

1942年、平は沖縄へ戻り、太平洋戦争終結まで過ごす。戦後、平は古武術の保存と新興を目的に、師、屋比久孟傅が創設した琉球古武術研究会を母体とし、琉球古武道保存振興会を1955年(昭和30年)に設立。平は初代の会長となり、団体の発展のために力を尽くした。

1970年、平信賢亡き後を継いで、高弟の赤嶺栄亮が二代目会長に就任した。赤嶺栄亮は平信賢に師事する以前に、知念三良(ヤマンニーヌウスメー)(1840-1922)の直弟子である比嘉成一郎・比嘉来助・赤嶺要平・比嘉仁三郎に師事し、それぞれ佐久川の棍・周氏の棍・米川の棍・白樽の棍などの型を習得した。赤嶺栄亮は琉球古武道の保存継承に力を注ぐと共に、その発展にも努め県内外13の支部道場を開設しその普及に努めた。


琉球古武道賢亮流会について

沖縄に数ある他組織の古武道と区別する為、琉球古武道保存振興会佐敷支部道場の与那嶺幸助は 2000年1月1日 千年紀を記念し支部道場の琉球古武道に流派名を【賢亮流】と命名した。

流派名【賢亮流】の解説

琉球古武道賢亮流協会は発足について

賢亮流の解説

沖縄の古武道世界は数多くの組織があるが、其々の組織名で活動しほとんど流派名が無い、よって他の組織と区別が解りやすいように、琉球古武道保存振興会佐敷支部道場の与那嶺幸助は 2000年1月1日千年紀を記念し支部道場の琉球古武道に流派名を【賢亮流】 と命名した。琉球古武道保存振興会設立 (1955年)初代会長平信賢(1897~1970年)の「賢」と二代目会長赤嶺栄亮(1970~1999年)与那嶺幸助の師匠の「亮」の名字の頭文をとり、両先生の名声を未来永劫に後世に残す意味をもって賢亮流と命名した。

字義的には「賢」は徳行才能優れた人、「亮」は物事い明るい、「賢亮」といえば武術に優れ、心が明るく、琉球古武道を通して世界が平和で人々が公正で、健康で、健全な精神の育成を標榜する意味をもって賢亮流と命名した。

平成24年心機一転して新しく琉球古武道の組織を結成する運びとなり、組織名に賢亮流とした。

「図柄について」

東京深川道場鍊士六段新垣昭善氏が平成24年10月考案した。

1、円心部  沖縄県章をあしらった。

2、三つ巴 尚徳王(1461年~1469年)以来の王家の家紋で、琉球王統の象徴で渦巻く左旋回の水の勢い、

3、釵 イ、サイは人体を意味し、交差してるのは和をもって貴しとなす。

    ロ、先が上に向いてるのは、天に伸びる発展する賢亮流の司令塔である。

4、「図柄の中の佐敷の文字は」

   イ、15世紀初頭(1416年)三山鼎立時代に終止符を打ち、統一国家樹立(三山山を統一)という覇業を成し遂げた英雄尚巴の輩出した緑の地佐敷である。

  ロ、琉球古武道賢亮流協会(賢亮会)の誕生の地、本部所在地の佐敷である。

 

 

» 古武道で扱う武器について